2014年04月27日

HTMLの間違いを検証する

HTMLの間違いを検証する

HTML文書を作ったら、その中に間違いがないかどうか検証することをおすすめします。
分量の大きなページだと、入力の間違いがあっても気がつかないことがありますし、そもそも基準の文法から外れているケースも出てきます。

そうした 間違いをチェックするソフトなども沢山ありますが、手軽で利用しやすいサービスがネット上にありますので紹介します。「W3C」という、HTMLの基準を定めている機関が提供しているサービスです。

※以下の環境と設定での操作の説明です。

Windows7 Pro SP1 64bit
PC-Talker7 2.12
NetReader 1.47
Internet Explorer 11

◆PC-Talkerの設定 → アプリケーション拡張設定
Internet Explorer ダイレクト操作キーを使用する チェック
Internet Explorer エディット操作を NetReader互換の操作方式にする チェック

1.検証したいHTML文書を全て選択して、クリップボードにコピーします。

2.Internet Explorer または NetReaderを起動して、以下のページにアクセスします。

The W3C Markup Validation Service
http://validator.w3.org/#validate_by_input

3.ページが開いたら、
Enter the Markup to validate:
という所まで移動します。

ここは、HTML文書の内容を入力するエディットボックスです。
NetReader または、PC-talkerの新しいバージョンなら、アルファベットの E を押すとジャンプします。

ここで Enterキーを押すと、文字列を入力するためのウィンドウが開きますので、先ほどコピーしておいたデータを貼り付けます。
貼り付けたら、Tabキーで「OK」のボタンに移動して Enterキーを押します。
これで、ブラウザのエディットボックスにデータが入力されます。

4.Tabキーで「Check」のボタンに移動して Enterキーを押します。
すると、検証の結果が表示された画面に移ります。
※途中のチェックボックスや選択リストは、無視して大丈夫です。

5.間違いがなければ、

Congratulations ・ Icons
This document was successfully checked as HTML 4.01 Transitional!

と表示されます。

6.間違いがあると、

Validation Output
Error found while checking this document as HTML 4.01 Transitional!
Result: 3 Error, 2 warning(s)

というふうに表示されます。
その下の方に、何行目にどんな間違いがあるのかが、具体的に表示されていますので、その部分を元のHTML文書で確認して、間違いがあれば修正して下さい。
posted by yanikun at 07:37| Comment(2) | 日記