2014年04月01日

MyEditのHTMLタグの入力支援メニュー

MyEditのHTMLタグの入力支援メニュー

■とりあえず HTMLタグというのを入力してみる

では、早速 MyEditのHTMLタグの入力支援のメニューを使って、HTMLタグというのを入力してみましょう。

1.Altキーでメニューを開き、右矢印キーで「編集」メニューに移動します。

2.上矢印キーで「HTMLタグの入力支援」を選んで Enterキーを押します。HTMLタグの入力支援というメニューが新たに開きます。
このメニューは、タテ一列に項目が並んでいて、ほとんどの項目にサブメニューが付いています。

※このメニューを開くショートカットキーは、Ctrlキー+T( Tango )です。

3.下矢印キーで「基本構造タグの記述」を選んで Enterキーを押します。すると、

<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY>

</BODY>
</HTML>

という文字列が、MyEditのカーソルのある位置に入力されます。これがHTMLタグです。

「タグ Tag」というのは、洋服についているタグと同じ意味です。首の辺りのタグには、これはどんなメーカーの製品で、サイズはいくつかなどと書かれています。また、シャツや上着の腰の辺りには、クリーニングする時にドライとか水洗いとか、そういう説明の書かれたタグもついています。

HTMLのタグの方は、この部分はこんな感じでブラウザに表示してね、という説明に使われています。つまり、両方とも中身の説明に使われているわけです。

■HTMLタグは小文字で入力する

前回書いたように、「HTML 4.01 Transitional」の基準はゆるいので、タグと呼ばれるHTMLの記号のような文字列は、大文字で書いても小文字で書いても、どちらでもかまいません。
また、一つのファイルの中に、大文字と小文字のタグが混在していてもOKです。ただし、将来 他の規格に移行したくなったり、いろいろなものを追加したくなったりした時に、小文字で書いていなければいけなかったり、大文字と小文字が厳しく区別されたりするものがあるため、最初からタグは小文字で書いていくことをおすすめしておきます。

■タグを小文字で入力するように設定する

もう一度、HTMLタグの入力支援のメニューを開いて下さい。そして、上矢印キーで「タグの入力」にカーソルを合わせます。

続いて、右矢印キーでサブメニューを開き、上下矢印キーで「タグ名は小文字で入力する」を選んで Enterキーを押します。
「小文字で入力」と音声ガイドがあって、HTMLタグの入力支援のメニューからタグを入力する時には、小文字で入力されるようになります。

それでは確認してみましょう。
先ほどと同じく、HTMLタグの入力支援のメニューから「基本構造タグの記述」を実行します。すると、

<html>
<head>
<title></title>
</head>
<body>

</body>
</html>

というふうに、タグが小文字で入力されるはずです。

次回から、この「基本構造タグ」について、具体的に説明していきます。
posted by yanikun at 08:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: